日本ではメジャーな仮想通貨取引所であるコインチェックが未だに金融庁発表の仮想通貨交換事業者に登録されていないようです。

すでにビットフライヤーやZaifは仮想通貨交換事業者一覧に名前があるので登録は完了されているようです。

なぜコインチェックは登録できていないのか?

考えられる理由としては、匿名性の高い通貨を取り扱っているからではないかと言うことです。

コインチェックが取り扱う通貨の中で Monero・DASH・Zcash という通過があり、
これらは匿名性のある通貨と言われています。

匿名通貨とは?

ビットコインなどはブロックチェーン技術により送信元などが全て記録され改ざんできないものとなっていますが、匿名性の高い通貨は誰が送信したのかなどがわからない状態になります。
ですので匿名通貨と言われるのです。

匿名性のある通貨はブラックマネーとして裏社会で利用される可能性もあるのでこの部分を金融庁は警戒しているのではないかと予想できます。

イーサリアムの匿名技術

今後、時価総額2位のイーサリアムも次のハードフォークによりZcashの匿名技術が導入されるため取引所では取り扱いできなくなる可能性もあります。

仮想通貨交換事業登録するには

コインチェックが仮想通貨交換事業登録を完了させるためには、匿名通貨3つを取り扱わないことにするのが一番近いのかと予想できます。

現在はイーサリアムも日本の取引所で購入することが出来ますが、今後は日本円で購入できない通貨が増えるのかもしれませんので頭の片隅に入れておきましょう。