現在はデザイン変更があったため若干ではありますが、
仕様が変更されている部分があります。

ブロックチェーンウォレット(Block Chain wallet)とは?

ビットコインなどの仮想通貨は取引所に日本円を預け→仮想通貨へ両替します。
しかし、その取引所に預けるのではなく自分で持ち歩くためには保管する場所が必要になります。
それがウォレット(財布)と呼ばれるものになります。
これは自分の財布の識別番号のようなものです。
ビットコインのやり取りはこのブロックチェーンの識別番号(受信アドレス・送信アドレス)を利用することで、ビットコインの送受信を行うことが可能になります。

他にも何かの報酬でビットコインを貰う場合にも自分のウォレットの受信アドレスと呼ばれるものを通知する必要があります。

このサイトが有名で多くのユーザーが利用しています。
下のリンクからもブロックチェーンウォレットのサイトに進めます。

ウォレットの開設方法

まず、登録用のメールアドレスを準備してください。

こちらがブロックチェーンウォレットの画面なります。上のボタンに「無料ビットコインウォレットを作成」とありますので、そこをクリックすると上の画面になります。(画面中央の「ウォレットを作成」のボタンでも同じになります。)

左下の赤枠で囲った緑のボタンが新しくウォレットを開設するところになります。

メールアドレス、パスワードの設定


全て入力して「続行」。
下のようなメールが送られてきますので、画面中央のURL「Verify Email(メール認証する)」をクリックして認証作業が完了です。
この画面の「お客様のビットコイン財布識別子」は「ログインのID」になりますので、大切に保存をしてください。
そしてブロックチェーンウォレットでIDとパスワードを入力してログイン出来ます。

ブロックチェーンウォレットのログイン


ログインボタンをクリックします。

上の画像のような画面が出ますので、ここで「ウォレットID」と「パスワード」を入力します。

そのまま管理画面へ進みます。

ブロックチェーンウォレットの管理画面

管理画面内部を確認していきます。

まずは上部にある「送信」「受信」を確認します・

ビットコイン送信方法


送信先のアドレス・送る予定のビットコインを入力して次のステップへ。
確認をして送信完了まで進みます。

ビットコイン受信方法


それが上の画面の赤枠で囲った「受信」ボタンです。自分の受信アドレスが表示されます。
QRコードで読み取るほうが間違いなく確実に送ることができるのでこちらをおすすめします。

セキュリティの設定

セキュリティの設定は必須です。
必ず全ての項目を埋めて万全の対策をしておくことをおすすめします。

携帯電話での認証を合わせて行う「2段階認証」が重要になりますので必ず登録しましょう!

ウォレットに仮想通貨を送付するには取引所を利用する

ビットコインを購入したり日本円に替えるには取引所の登録を行わなくてはいけません。
私が利用している仮想通貨の取引所をご紹介します。

おすすめの仮想通貨の取引所


コインチェック coincheck
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ビットフライヤー(bitflyer)

※おすすめはコインチェック

どこの取引所も身分証明書の確認があります。
身分証明書の確認が取れない場合は取引に制限ができてしまうので早めに提出しましょう。

スマホ用アプリ

ビットコインの送受信はQRコードを利用することで間違いを起こす可能性が激減できます。
そのためにはPCとスマホを組み合わせる必要があります。
必ずスマホにアプリを入れて利用しましょう!

まとめ

私は上記2つの取引所に登録しています。
それは緊急で現金が必要になるときに、どちらかがメンテンナンスなどを行ってしまっている時にもう一方の取引所を利用できるようにしたいからです。
そんなケースも考えられると思いますので、2つとも登録しておけば万全の体制となりますが、
コインチェックだけの登録でも十分だと思います。

※注意※
取引所が閉鎖されるなどのケースが起きて損害を被った場合の責任は一切負いませんので、ご了承下さい。
出来る限りブロックチェーンウォレットで保管するようにしましょう。